ミニピアノ発表会&2月3月合同お誕生会

 3月23日に橋本校で2月、3月合同お誕生会とミニピアノ発表会を行いました。今回はミニピアノ発表会も一緒なので、今回も前回同様、写真多めでお届けいたします!

 まず、ご覧いただきたいのはこちらの飾りつけです。文字やイラストは私が担当しましたが、注目してほしいのはそこではありません。


ここです。赤マルの中のリボンです。これは折り紙で折られているのですが、橋本校の二年生の男の子が折ってくれました。とても簡単に思うかもしれませんが、このリボンは立体ですし、なによりサイズが普通の折り紙(15cm×15cm)を四等分にしたもので折っています。とても器用でなければできません。一つ一つの折り目が丁寧で、発表会に出る子たちのために一生懸命作ってくれたのが分かります。


 いざ、発表会です。この日のためにピアノを習っている子たちは一生懸命練習を重ねていました。きっと上手に弾けるだろうと思ってはいましたが、いざ始まると、どの子も失敗しないようにとドキドキでした。発表会の数日前から不安と緊張で口数が少なくなってしまっている子が、とても気がかりだったので、彼女の演奏中は文字通り手に汗を握る状態でしたが、彼女も無事に演奏することができて脱力しそうなほどホッとしました笑
 今回は初めて発表会に参加する子ばかりだったのですが、昨年も参加している子たちは流石でした。お辞儀も演奏も緊張しているようには見えなかったのですが、本人たちには緊張したよ!と言われてしまいました笑


 今回は新型コロナの影響で縮小してしまった発表会でしたが、ジャンピングのみんなに聞いてもらえる機会になって、それはそれでよかったのではないかと個人的に思っています。ピアノを習っていない子たちも、騒いだり、おしゃべりをしたりせず、とても真剣に聞いていて全員が参加しているいい発表会でした。
 発表会後に撮らせてもらった一枚は、緊張感から解放されたこともあってか、みんな始まる前よりとても自然に笑ってくれたように思います。


 さて、ピアノの発表会の後はお待ちかね、お誕生会恒例の豪華なおやつです。大きなお口でガブリ!と食べ方も豪快です。見ていてとても気持ちのいい食べっぷりでした!


 おやつの後は、2月生まれと3月生まれの子へのお誕生日インタビューです。誕生日を迎えて、これからはどんなことを頑張りたいかなどを一人一人に聞きます。個人的に印象深いのは算数を頑張りたいと答えた女の子でした。凄く応援しているので、ぜひ目標を達成してほしいです。
 先生からのインタビューが終わると、子どもたちからの質問コーナーに続きます。元気よく手を挙げて質問が飛び出しました。
一人の女の子が指名され、立ち上がって質問をしようとしたとき、「どうせ〇〇って訊くんだろ」と後ろに座っていた同級生の男の子が大きめな声で口にしました。そう言われてしまったら、例え当たっていたとしても、別の質問にしそうなところですが、女の子は正直にその通りの質問をして周囲を笑わせてくれました。子どもたちの付き合いの長さや、なんだかんだこれまでのお誕生会での女の子の質問を覚えているんだなと感心してしまいました。


 質問コーナーが終われば、恒例のバースデーソングを歌います。今回は一年生の女の子が伴奏をしてくれたのですが、本番の四日前には緊張でガチガチでした。素人目からもあきらかに普段よりも指が動いていないのが分かり、とても心配でしたが、本番は見事に大役を果たしてくれました! 凄かったよ! 本当によく頑張ったね!とここでも言わせてください笑


 最後はみんなで記念写真を撮りました。三月で最後のお友達もいるので、とても寂しいですが、ピアノの発表会も一緒にできて華やかで楽しい時間を過ごすことができたと思います。

ピアノについて

こちらのピアノは、普段のお預かり時間の中でレッスンをしています。ジャンピングアップのスタッフが先生をしておりますので、一人一人に合わせたレッスンで、子どもたちは楽しそうに取り組んでいます。もし、ご興味を持たれましたら、お気軽にお問い合わせください。